ショートカット

【Windows】ショートカット, ファンクションキーによる変換

ファンクションキーによる文字入力の効率化
この記事で分かること
  • ファンクションキーによる変換のショートカットの使い方
    • 「F6」: 平仮名に変換
    • 「F7」: 全角カタカナに変換
    • 「F8」: 半角カタカナに変換
    • 「F9」: 全角アルファベットに変換
    • 「F10」: 半角アルファベットに変換

ファンクションキーとは、キーボード上部に並ぶ「F1」から「F12」までのキーのことを指します。

ファンクションキーのうち、「F5」は、ブラウザの更新のショートカットとして有名です。

また「F2」と「F4」は、それぞれExcelにおける「セルの編集」と「操作を繰り返す」ショートカットに登録されています。

Excel、セルの編集、セルの書式設定
【Excel】ショートカット, セルの編集、セルの書式設定Excelにおける、セルの編集、セルの書式設定のショートカットを紹介します。...
Excel、元に戻す、繰り返す
【Excel】ショートカット, 操作を元に戻す、操作を繰り返すExcelにおける、操作を元に戻す、操作を繰り返すショートカットを紹介します。...

今回は文字入力をして変換する際に便利な、ファンクションキーによるショートカットを紹介します。

変換のショートカットに使用するファンクションキーは、「F6」,「F7」,「F8」,「F9」,「F10」の5種類です。

ファンクションキーによる変換のショートカット

「F6」: ひらがなに変換

パソコンで文字を入力して、「Enter」キーで確定する前に、「F6」を押すと入力した文字を、ひらがなに変換することができます。

基本的にはデフォルトのローマ字入力において、ひらがなが表示されるようにしている方が多いと思うので、あまり使用頻度は高くないかもしれません。

そのため「F6」キーは、ひらがなのまま入力したかったのに、誤って漢字に変換してしまった時などに使いましょう。

確定する前であれば、ひらがなに戻せます。

「F7」: 全角カタカナに変換

「F7」は入力した文字を全角カタカナに変換します。

普段からカタカナで使用する言葉は、スペースキーによる変換で問題なくカタカナにすることができるので、一般的にカタカナで使用しない言葉を「F7」で全角カタカナに変換しましょう。

フリガナの入力で、カタカナを入力するときなどに便利です。

「F8」: 半角カタカナに変換

「F8」は入力した文字を半角のカタカナに変換します。

容量をできる限り減らす目的で作られた「半角カタカナ」、最近は目にする機会が減ってきたように感じます。

それでも銀行の名義などの入力で、半角カタカナの指定があった場合、「F8」のショートカットを知っていればスムーズに入力できます。

「F9」: 全角アルファベットに変換

「F9」は入力した文字を全角アルファベットに変換します。

ローマ字入力で入力した文字が、アルファベットと仮名混じりであっても、「F9」を押すだけで、全て全角アルファベットに変換できます。

どういうことかと言うと、「microsoft」と全角アルファベットで入力したい場合、ローマ字入力で入力すると「みcろそft」となってしまいます。

今まで一度消してから入力し直していたという人は、「みcろそft」と確定する前に、「F9」を押してみましょう。

「みcろそft」が「microsoft」に変換されたはずです。

さらに「F9」は、

  • 「F9」を1回押す、「microsoft」(全角アルファベット、小文字)
  • 「F9」を2回押す、「MICROSOFT」(全角アルファベット、大文字)
  • 「F9」を3回押す、「Microsoft」(全角アルファベット、頭文字のみ大文字)

の順番に変換されます。

目的の変換に達するまで「F9」を押したら、確定しましょう。

「F10」: 半角アルファベットに変換

「F10」は入力した文字を半角アルファベットに変換します。

全角ではなく、半角のアルファベットに変換される以外は、「F9」と使い方は同じです。

人によりますがアルファベットは、半角で入力するほうが普通なので「F9」より「F10」の方が使用頻度は高いのではないかと思います。

基本的に日本語の文章を書いているとき、たまに英単語を入力したい場合に重宝します。

「F10」も、「F9」と同様に「みcろそft」に対して

  • 「F10」を1回押す、「microsoft」(半角アルファベット、小文字)
  • 「F10」を2回押す、「MICROSOFT」(半角アルファベット、大文字)
  • 「F10」を3回押す、「Microsoft」(半角アルファベット、頭文字のみ大文字)

の順番に変換されます。

目的の変換に達するまで「F10」を押したら、確定してください。