MOS

【MOS①】MOSとはどんな資格?パソコンスキルや業務効率の向上が狙える

MOS、メリット
この記事で分かること
  • Microsoft Office Specialist (MOS)はどのような資格なのか
  • MOS取得のメリット

MOSとは?

Microsoft Office Specialist, 通称MOSは、Word、Excel、PowerPoint、Access、OutlookといったMicrosoft Office製品の利用スキルを客観的に証明できる資格です。

試験を実施しているオデッセイコミュニケーションズの、MOS公式サイトにも以下のような記述があります。

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格です。
試験科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーションについて、Officeバージョンごとにご用意しております。また、WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目を用意しており、証明したいスキルによってレベルを選択できます。
試験は、本物のアプリケーションソフトをマウスやキーボードで操作して解答します。MOSを取得していただくと、Office製品を使いこなすスキルが身につき、その実践力を客観的に証明できます。

出典元:MOS公式サイト

Microsoftが提供しているExcel、Word、PowerPointなどのアプリケーションソフトは、広く普及しておりパソコンにおける事務作業に欠かせないものとなっています。

「パソコンができる」=「Microsoft Office製品を使える(Excel、Wordができる)」と認識されているといっても過言ではないかもしれません。

近年スマートフォンやタブレット慣れが進み、パソコンスキルに自信がないという人が増えていることからも、パソコンスキルを効率的に勉強できるMOSの必要性が高まっています。

それ故にMOSは個人で受験する以外にも学校の授業や、企業の研修でも活用されています。

また、MOSは本家のMicrosoft社が認定する資格であり、様々な国で実施されている世界共通の資格試験であるため安心感があります。

MOS取得のメリット

実技試験により実践的なパソコンスキルが身につく

MOSの試験方式は、選択式のマークシートで知識を問うものではなく、実際にパソコンを操作し課題を実行していくというものです。

パソコンに限らずですが説明されて理屈では理解していても、意外と実際の操作では上手くいかないことって結構ありませんか?

その点において、非常に理にかなった試験方式と言えるでしょう。

パソコン業務の効率化

MOSの資格を取得することで、Excel、Word、PowerPointの基本機能を網羅的に習得することが可能です。

パソコンが苦手でアプリケーションの機能を1つ1つネット検索等で調べてつつ、業務に取り組んでいた場合はその手間がなくなり大幅な作業の短縮が期待できます。

実際に私もMOSの資格を取得し、各アプリケーションの各分野の少しずつの効率化が積もり積もって、大幅な時間短縮につながっていることを実感しています。

パソコンスキルの証明になる

パソコンスキルの証明は意外と難しいものです。

それは、「パソコン使える」の基準が人によって様々だからです。

  • タイピングやメールくらいならできる
  • Excel、Word、PowerPointが問題なく使える
  • プログラミングレベルまで完璧

そんな時に、MOSを取得しているということは、「Excel、Word、PowerPointが問題なく使える」を客観的に証明してくれます。

パソコンスキルという目に見えないものの実力を、担保してくれるMOSは貴重な資格だと言えるでしょう。

MOSの学習には参考書がおすすめです。