Excel

【Excel】ショートカット, 形式を選択して貼り付け

Excel、形式を選択して貼り付け
この記事で分かること

形式を選択して貼り付けのショートカットの使い方

Excelにおける、形式を選択して貼り付けのショートカットを紹介します。

形式を選択して貼り付けは、

  • 関数を数値として貼り付けたいとき
  • コピーしたセル範囲の行列を入れ替えて貼り付けたいとき
  • 書式のみをコピーして貼り付けたいとき

などに利用でき、マウスだと操作がやや面倒なので、ショートカットが使えると大幅な効率化が期待できます。

「Ctrl」+「Alt」+「V」: 形式を選択して貼り付け

「形式を選択して貼り付け」のショートカットキーは、「Ctrl」+「Alt」+「V」です。

同時に3つのキーを押そうとすると、「Ctrl」+「V」が先に押され、ただの「貼り付け」となってしまう場合があります。

「Ctrl」と「Alt」を押した後に、「V」を押すようにしましょう。

具体的に使い方を説明します。

ここでは、左の表のテストの合計点だけを右の表に転記したいとします。

形式を選択して貼り付け1 形式を選択して貼り付け2

左の表の合計点は、SUM関数によって求められています。

SUM関数の記事はこちら

Excel、SUM関数
【Excel】SUM関数を使用して数値の合計を求める【MOS】Excelで対象となる数値の合計を返す、つまり足し算を行う関数であるSUM(サム)関数を紹介します。...

左の合計点を普通にコピーして貼り付けると、合計点の値が「0」になってしまいます。

形式を選択して貼り付け3

これは、SUM関数が引数として指定しているセル範囲が、貼り付け先のセルに応じてずれるためです。

詳しくは、セル参照の記事をご覧ください。

Excel、絶対参照、相対参照、複合参照
【Excel】セルの相対参照、絶対参照、複合参照について解説【MOS】Excelのセル番地の参照、すなわち絶対参照、相対参照、複合参照について解説します。...
形式を選択して貼り付け4

実際、「0」になってしまった右の表の合計点は、SUM関数が数値の無いところを引数に指定しており、機能していません。

そこで、関数の結果の数値のみをショートカットキーを使って右の表に貼りつけてみましょう。

同様に左の表の合計点を「Ctrl」+「C」でコピーして、右の表に「Ctrl」+「Alt」+「V」で形式を選択して貼り付けます。

そうすると、[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。

形式を選択して貼り付け5

[値]にチェックして、[OK]を押せば、関数を値として貼り付けることができます。

[値]の後に、書かれているアルファベットである「V」を押すと、マウスを使わずに[値]にチェックを入れることができます。「Ctrl」+「Alt」+「V」から「V」を押して「Enter」キーと押せば、値としての貼り付けがキーボードで完結します。同様に他の形式も対応したアルファベットを押すことでチェックを入れられます。
形式を選択して貼り付け6

関数を値として貼り付けることができました。形式を選択して貼り付けでは、書式がコピーされないのでセルの背景色や、フォントの太字の設定はコピーされていないことが分かります。

次は「形式を選択して貼り付け」で、書式を貼り付けてみしょう。

コピーしたい書式のセルを、「Ctrl」+「C」でコピーします。

形式を選択して貼り付け7

書式を貼り付けたいセル範囲を選択して、「Ctrl」+「Alt」+「V」で形式を選択して貼り付けます。

形式を選択して貼り付け8

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるので、キーボードで「T」を押し、[書式]にチェックが入ったら「Enter」キーで確定します。

形式を選択して貼り付け10

セルに入力されたデータは変化せず、書式のみが貼り付けられました。

最後に、行列を入れ替えて貼り付けてみましょう。

左の表を、「Ctrl」+「C」でコピーします。

形式を選択して貼り付け11

行と列を入れ替えた表を挿入したいセルを選択して、「Ctrl」+「Alt」+「V」を押します。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるので、キーボードで「E」を押し、[行/列の入れ替え]にチェックが入ったら「Enter」キーで確定します。

形式を選択して貼り付け12 形式を選択して貼り付け13

行と列が入れ替わった表が貼り付けられました。

形式を選択して貼り付けを使いこなせると、Excel業務の効率は著しく向上します。是非、ショートカットキーとして覚えましょう。