Excel

【Excel】ショートカット, コピー、切り取り、貼り付け

Excel、コピー、切り取り、貼り付け
この記事で分かること
  • コピー、切り取り、貼り付けのショートカットの使い方

Excelに限らず、基本中の基本のショートカットであるコピー、切り取り、貼り付けを紹介します。

今まで、マウスでこれらの作業を行っていた方は、ショートカットを試してみてください。

かなりパソコン作業が効率化されるはずです。

「Ctrl」+「C」: コピー

単独のセル、または複数のセルを選択し、「Ctrl」+「C」を押します。

選択したセルの外枠の腺が波線になっていれば、コピーができています。

コピーしたセルを、貼り付けたいセルを選択し後述する「Ctrl」+「V」: 貼り付けを行うと、自分が選択したセルを複製できます。

コピー1 コピー2

「Ctrl」+「X」: 切り取り

単独のセル、または複数のセルを選択し、「Ctrl」+「X」を押します。

コピーの時と同様に、選択したセルの外枠の腺が波線になっていれば、切り取りが完了しています。

切り取りしたセルを、貼り付けたいセルを選択し後述する「Ctrl」+「V」: 貼り付けを行います。

コピーとの違いは、貼り付け元が切り取られる(なくなる)ので選択したセルが移動するといったイメージです。

切り取り1 切り取り2
切り取り元の枠線がなくなっていることに注意してください。切り取りは書式も含めて切り取るので、切り取り元に罫線は残りません。

「Ctrl」+「V」: 貼り付け

「Ctrl」+「C」によってコピーしたセルや、「Ctrl」+「V」によって切り取ったセルを、「Ctrl」+「V」によって貼り付けることができます。

この3つのショートカットは極めて使用頻度が高いと思うので、キーボードを見なくても押せるくらいになるのが理想です。