Excel

【Excel】COUNT関数、COUNTA関数、COUNTBLANK関数を使用してセル数を数える【MOS】

Excel、COUNT関数、COUNTA関数、COUNTBLANK関数
この記事で分かること
  • 数値が入力されているセルの数を数えるCOUNT関数の使い方
  • データが入力されているセルの数を数えるCOUNTA関数の使い方
  • 空白のセルの数を数えるCOUNTBLANK関数の使い方

Excelでセルの数を数える関数を3種類、紹介します。

COUNT(カウント)関数、COUNTA(カウントエー)関数、COUNTBLANK(カウントブランク)関数です。

それぞれ数えられるセルの条件が違うので、確実に理解しましょう。

COUNT関数

COUNT関数は、数値が入力されているセルの個数を求める関数です。

指定した範囲の数値が入力されているセルを認識する一方、文字列が入力されているセルや、空白のセルは認識しません。

次のような例で、COUNT関数の使い方を確認しましょう。

COUNT1 COUNT2

COUNT関数を使用して、上のような範囲を指定すると、COUNT関数は3を返しました。

これは選択した範囲のうち、数値である「1」,「2」,「3」を認識し、数えたためです。

文字列である「A」,「B」,「C」,「D」や、空白セルは数に入っていません。

COUNTA関数

COUNTA関数は、データが入力されているセルの個数を求める関数です。

COUNT関数が数えられるのは、数値が入力されたセルのみでしたが、COUNTA関数は数値以外でも文字列など何かしらのデータが入力されていれば、そのセルを認識します。

ただし、COUNT関数と同様に空白セルは認識しません。

COUNTA1 COUNTA2

COUNTA関数を使用して、上のような範囲を指定すると、COUNTA関数は7を返しました。

これは選択した範囲のうち、数値である「1」,「2」,「3」および、文字列である「A」,「B」,「C」,「D」を認識し、数えたためです。

その一方で、空白セルは数に入っていないことが分かると思います。

COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数は、空白セルの個数を求める関数です。

COUNTBLANK関数は、COUNT関数や、COUNTA関数が数えることのできない空白のセルを個数を返します。

COUNTBLANK1 COUNTBLANK2

COUNTBLANK関数を使用して、上のような範囲を指定すると、COUNTBLANK関数は2を返しました。

これは選択した範囲のうち、空白セルを認識し、数えたためです。

COUNT関数や、COUNTA関数とは異なり、数値や文字列が入力されているセルはカウントされていません。

さらにMOSについて、勉強したい方は参考書を利用しましょう。